ステップ3 (割安銘柄としての旅立ち)

いよいよ「割安銘柄」として市民権を得ることになる。

しかし、前章でも述べたようにそれは並大抵な事ではない。

全ての取引所に上場されている銘柄のうち「割安銘柄」と呼ばれている

7割以上が実は「割安放置銘柄」だったりする。

 

そして「割安銘柄」と呼ばれる残りの3割位の銘柄が初めて

「理論株価」を意識する事が出来るのである。

そう・・・「理論株価」に挑戦できるのは、この3割の銘柄群だけなのだ。

「何でこの株上がらないんだ?こんなに割安なのに・・」

という言葉を聞いた事がありませんか?

しかし待って下さい。それって、本当に割安銘柄ですか?

 

もしかしたら「割安銘柄」と思ってるのは貴方だけで

その銘柄の正体は・・・

「認識外割安放置銘柄」あるいは「割安放置銘柄」ではありませんか?